結婚相手にしてはいけないこと

結婚したい相手にしてはいけないこと

結婚したいという思いが強すぎると、どうしてもその気持ちは人に伝わります。

 

ちょっと、スピリチュアルみたいな話になってしまいますが、すこしだけですので文章にお付き合いください。

 

 

「人は見た目が9割」なんていう本が数年前に流行りましたが、実は見た目以外にもとても大事な要素があることをご存知ですか?

 

見た目が9割というのは、外見的な要素以外に「非言語(ノンバーバル)」部分が人の評価に関係してくるということなのですが、

 

重要な要素とは、人と会っているときの思考です。

 

たとえば、どんなに美人でもパーティー会場などでこういうことを考えているとしましょう。

 

とある男性と話しているとして「ち、こいつ金なさそーだな。まじで、どっかいってくれないかなー。」

 

というようなことを考えると、少なからず相手に伝わってしまうということなんです。

 

 

これは、実はスピリチュアルでもなんでもないのですが、科学的に証明されつつ内容なんです。

 

 

ここからが本題です。

 

 

結婚したいと思う相手がいる場合には、あかさまに結婚したいというような思いをおちながら話すのはやめたほうがいいです。

 

 

理由としては、男性としても人を選ぶ権利はありますし、追われると逃げたくなるというのが心理です。

 

また、結婚したいとしがみつかれると相手によっては一緒にいたいと思えなくなったりします。

 

ですので、好きな男性といるときは、「いかに相手を癒せるか。幸せにできるか。一緒の時間を楽しん柄もらえるか。一緒に入れてうれしいな」

 

というようなことを常に思いながら話すようにしてみてください。

 

 

なんでこんなことをするかというと、人というのは、自分を好きになってくれる人に好意を持ちます。

 

つまり、思考も相手に伝わることを考えると、相手のことを尊重したり、素敵だなと思ったりしながら話すことは、相手から好かれる可能性が高まるということなんです。

 

試しに、友達などでもいいので、練習してみてください。

 

きっとあなたへの扱いがすこしずつ変わってくると思いますよ。

 

相手を大事にする。

 

相手を尊重する。

 

相手を好きになる。

 

というのはとても効果的なメソッドということになるんです。