結婚 知性

結婚するためには知性も必要?

女性が結婚するためには知性は必要なのでしょうか。

実際男性は、知性のある女性に大いに魅力を感じるようで
特に、学歴のある男性ほど知性のある女性を結婚相手に選ぶ傾向があるようです。

 

そんな知性のある女性の例として、国家資格を取得している女性を挙げてみたいと思います。
国家資格(社労士・行政書士・看護師・司法書士など)を取得している女性が男性から印象が良い理由は、
どのようなことがあるでしょうか。

 

一つ目は、国家資格を採るという目標に向かって努力し、それを実現させた実行力です。
男性でも、女性でも努力して目標を達成している人には、魅力を感じますよね。

 

 

二つ目は、国家資格を取得して手に職のある女性は、経済的に自立していて頼りがいがあるからです。

 

現代の男性は、結婚しても仕事をしてくれる女性に魅力を感じる人が多いです。
しかし結婚して、出産すれば女性の多くが一度は社会から離れることになるでしょう。
そんな中、きちんとした国家資格を持ち、手に職がある女性ならば社会復帰もしやすいでしょう。
そして家計を男性とともに支えることができます。

 

三つ目は、知性のある女性と一緒に過ごすことで、自分を高めることができるということです。

 

向上心の高い男性ほど、自分を高めてくれるような素敵な女性を求めるのです。
結婚して、夫婦でお互いに高めあえる関係は素敵ですよね。

 

このような理由から国家資格を取得している女性は、結婚する相手として好印象なのです。

 

男性は多少は甘えてほしい気持ちもありますが、頼られすぎるのは重荷に感じます。

 

ですから男性は精神的にも、経済的にも自立している女性に魅力を感じるようです。
ただ、自分の知性を鼻にかけているような女性は、逆に引かれてしまいますので、気をつけましょう。

 

国家資格を今から取得するのはたいへんでも、知性を磨くことはできると思います。
結婚して男性に頼りすぎない関係をつくる為にも、精神的、経済的に自立した女性を目指すことは大切だと思います。

 

おすすめの国家資格の中には、社労士・行政書士・看護師・司法書士、公認会計士、税理士、弁護士などがあります。

 

看護師は若いうちからなる方が多いので、20台を超えてから目指すのはいかがなものかと思いますが、

 

比較的難易度が高く、無理なく狙えて独立も視野に入れられるのは、社労士、行政書士あたりでしょうか。

 

資格を持っていると、将来的に主婦になってからいざ働きに出るときに働きやすいというのも一つにあるので男性からも信頼感もでてきやすいのではないでしょうか。