弁護士 結婚

弁護士と結婚できる女性とは?

医者とならび結婚相手として人気が高いのが弁護士です。

社会的地位の高さもそうですが、やはり難関国家試験を突破している頭の良さは魅力的ですよね。
では、弁護士の方は、どのような女性と結婚したいと考えているのでしょうか。

 

やはり弁護士の妻ならそれなりの学力を求められるのかと、思われるかもしれませんが、
実際は、あまり学歴にこだわりを持っている人は少なく、むしろ自分より優秀な奥さんはほしくないようです。

 

弁護士になるような人は、難関な試験を突破してきたわけですから自分に自信がある人が多いです。
そんな自分の自信も奥さんがあまり優秀すぎると霞んでしまいます。
ですから、あまりにも優秀な奥さんはいらないわけです。学歴よりも容姿がキレイな人の方が喜ばれるようです。

 

あとは、弁護士になるまでに時間がかかるので、それなりに年をとってしまいます。
ですから弁護士になるまでサポートしてくれた女性や自分より若い女性と結婚する人が多いようです。

 

また、弁護士の職業柄、あまり派手な人は好まれません。
依頼者から、弁護料をもらって生活しているわけですから、
自分が依頼する弁護士の奥さんが、あまりにも派手な人だと依頼者がいい思いをしませんよね。
ですから、できるだけ地味で清潔感があり、依頼者からみても好印象を与えるような人が好まれます。

 

では、弁護士と結婚したらどのような生活が、待っているのでしょうか。
厚生労働省の調べによりますと、弁護士の平均年収は800万円です。
医者と比べれば年収は低く感じますが、それでもリッチな生活がおくれそうです。

 

また、弁護士の仕事もとても忙しいので、家族との予定を組むのも難しいようです。
依頼者の予定に合わせてお仕事をしているので、依頼者中心の生活になってしまうのは仕方ないですね。
また、交友関係も幅広いようですので、交友関係のサポートも妻の仕事になるでしょう。
最後に弁護士の旦那さんは、弁が立ちますので、口ケンカでは勝てないと思います。