子供の養育費

子供の養育費

子供ができて、専業主婦になると決めた場合に、果たして、自分が家庭に入って子供をきちんと育て上げることはできるのだろうか?

 

と不安や疑問を思う方も多いと思います。

 

特に、最近は大卒が基本になってきており、大学までの教育費・食費などにかかるお金が一人当たりにかかるため、その試算額をご紹介します。

 

子供一人に3000万円かかる?

 

子供にかかるお金は「教育関連費+養育費」となります。

 

子育てにかかるお金 教育費など

・食費
・洋服
・ゲーム、おもちゃ
・学校の教材費・文具
・こづかい
・保育園、学校関連費用
・レジャー費用
・医療費
・その他

・学校教育費(教材費、文具、旅行費)
・塾代・受験費用(中学受験、高校受験、大学受験)
・お稽古事(水泳、空手、英会話など)
・その他

 

基本にこのようなものが必要になります。

 

それでは、出産から22歳までの大学を卒業するまでにどの程度のお金がかかるのでしょうか。
AIUのデータを基に解説致します。

 

出産と子供の養育にかかる費用
出産・育児費用 約89万円
子供の食費 約702万円
子供の衣料費 約159万円
子供の医療・理美容 約173万円
子供のお小遣い 約469万円

 

全て、大学まで国公立で済ませた場合に、1,179万円となります。

 

 

教育にかかる費用
公立 私立
幼稚園2年間 約64万円 約124万円
小学校6年間 約276万円 約777万円
中学校3年間 約196万円 約396万円
高校3年間 約190万円 約424万円
大学4年間 約453万円〈国立:文系〉 約549万円(私立文系)
大学4年間 約453万円〈国立:理系〉 約650万円(私立理系)
大学4年間
(医・歯系は6年間)
約680万円〈国立:医師・歯科系〉 約2,900万円(私立医・歯系)

 

 

(「AIUの現代子育て経済考2001」より)

 

子供が生まれて大学を卒業するまでにかかる費用は、
大学までが国公立だった場合:1680万円+1179万円=2859万円(約3000万円)

 

これは、国公立の場合ですので、私立の場合にはさらにお金がかかることになります。

 

上記の数字には、学校教育費のほか、塾やお稽古事、通学費用といった費用も含まれています。

 

 

つまり、専業主婦になった場合に、このお金を養っていけるのかということを考えたうえでの育児プランを練らなければならないのと、
これを賄える旦那の稼ぎが必要になってくるということになります。

 

子供を医者にしたいと思ったら

 

子供を医者にしたいと思う人も多いはず。

 

大体が医者の親は医者と相場が決まっています。サラリーマン家庭の子供から医者になる場合には国公立の医学部へ進めた場合が大半になります。

 

理由としては、次第の医学部は学費がとても高額だからです。

 

私立理系(大学・大学院)の6年間で800万近くかかりますが、
私立医学部(慶応)の場合には、約3000万近くかかります。

 

医学部自体入るのがとても大変なので、大半は小学生のうちから灘や開成などの有名中高一貫校へ進学していきます。
ここにさらに教育費がプラスされています。

 

つまり、金銭的に相当な金額がかかるため、医者の子は医者という構図が出来上がります。

 

サラリーマン家庭でも、資産家の家庭はありますので、そういう家であれば子供を医者にするということも可能になってきます。