専業主婦になりたい

専業主婦になりたい20代が急増する一方で男の反応は?

専業主婦になりたいと思っている20代というテーマで、ZAKZAKというサイトが掲載していた文章になります。

 

もしも、付き合っている彼女から「私、結婚したら家庭を守りたいの。養ってくれる?」なんて言われたら?
内心、「怖えぇ」と思うのが正直なところではないか。

 

しかし、それも他人事ではない。今、「専業主婦になりたい」という女子が急増しているのである。

 

09年に内閣府男女共同参画局が行った「男女のライフスタイルに関する意識調査」では、「夫は外で働き、妻は家庭を守るべき」という問いに、20代女性の36.6%が賛成と回答。
実際、20代の女子に話を聞くと、「どれかひとつなんてイヤ! 仕事も家庭も全部楽しみたい!」(25歳・秘書)という意見もある一方、
「専業主婦の友人は、家事は午前中に終わらせ、午後はフリータイム。趣味の写真をネット販売してお小遣い稼ぎ。結婚して、そんな“第二の人生”を歩めるのは女の特権」(28歳・販売)、
「料理や家事が大好きだし、家事をしながら時間に拘束されずに趣味も満喫というのが理想。フルタイム労働なんて耐えられない」(26歳・アルバイト)と、専業主婦への憧れの声が続々と集まった。

 

しかも、「平日昼間にテニススクールで見かける裕福な主婦。新しいウェアを着て、いいクルマに乗り、のんびりおしゃべりしている姿はまさに憧れ」(26歳・アルバイト)、
「尊敬できる人と結婚して、サポート役にまわりたい。経営者の妻になって経理の仕事で彼を助けたい」(29歳・公務員)という、世間知らず故のセレブな奥さまへの憧ればかりではなく……。
「チラシ片手にチャリでスーパーをはしごして、安く買ったレシートを見てにやける主婦が理想」(24歳・メーカー)、
「『扶養控除の範囲内で働いてます』というのが夢」(27歳・出版)なんて人も。

 

実際、共働き世帯は30年前から64%増加する一方、専業主婦世帯は35%も減っている。

 

そう、今や、“なりたくてもなれない”のが専業主婦なのである。

 

http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20101012/zsp1010121958015-n1.htm

 

 

 

これに対する2chの反応は

 

ダメ人間急増中wwwwwwwwwwwwwwwwww
俺も主夫になりたい

 

本当に好きな人なら養ってやりたいとも思うが
妥協だからねぇ結婚は

 

俺も奥さんに養ってもらいたい

 

専業主夫がいいって言ったら蹴飛ばされたわw  年収700万の嫁ww

 

 

 

 

管理人コメント

 

2chは玉石混交といいますか、男性の収入の差(仕事の幅)が激しいこともあり、井戸端会議と同等位の感想と受け止めてもいいと思いますが、
専業主婦として養うのは一般の男性には重荷のようです。

 

 

さて、私の周りにおります知り合いをサンプルにしてご紹介していきたいと思いますが。

 

医師や弁護士、高学歴・高年収の大手企業に勤めている5名程度の男性(20代から30代)を対象に質問を投げかけてみました。

 

女性が専業主婦になることについてどう思う?

 

女が専業主婦になるのは当たり前でしょ?というか、男が養うのが基本じゃないの?(医師3名)

 

別に、帰ってきて癒してくれるのであれば、つらい思いをして仕事勤めしなくても家にいてくれればいいと思うけど(大手生保会社勤務)

 

まー養っていきたいと思える女性なら、別に専業主婦になってもらってもいいんじゃないかな。
働きたいのが好きってわけじゃなければ、変なストレスを抱えるよりいいと思うし。
子供ができたらある程度は家にいてもらいたいなー  (弁護士)

 

 

年収が300万円台の男性にまったく同じ質問をしてみました。

 

女性が専業主婦になることについてどう思う?

 

正直、共働きじゃないと子供ができたら厳しいと思うから働いてもらいたい。。

養うっていうのは本当に考えられないかな。
この先会社もどうなるかわからないし。 (中小企業勤務)

 

 

つまりは、現状の年収と将来的に得られる年収が想像できる男性は、比較的専業主婦に対して寛容な考え方を持っているということが言えそうです。

 

サンプル数がとても少ないので大規模にリサーチを行えばおそらく違った意見もでてくるかもしれません。

 

 

結婚するなら収入の多い男性がよい?

 

それでは、収入の多い男性と出会うためにはどうすればいいのか?

 

 

それは、そういう男性が集まるところへ自ら出向くか、紹介してもらうしか方法はありません。

 

勝手に白馬の王子様がやってくるという甘い考えをずっと持ち続けていたら、年齢を重ねて市場での価値が現状してしまいかねません。

 

おすすめなのは、結婚相談所に登録することでしょう。

 

もう一つは、合コンパーティーに参加することです。

 

ただし、質の良いところへ参加することは必須になります。
街中でやっているような市町村単位での合コンは参加者の程度が限定されている可能性がありますので、避けたほうが無難でしょう。
つまりは、お金をある程度持っている職業についている人などをターゲットにした合コンやパーティーに参加することが必要になるということです

 

おすすめの結婚相談所・合コンパーティーはこちら