働きたくない 結婚

働きたくないから結婚という選択肢

働きたくないという思いを持っている女性はとても多いはず。

 

仕事にやりがいを感じられないし、残業もあって夜まで働かなくてはいけない。
休みも不規則だったりしてもう嫌だ。

 

そんな思いを抱えていて、もう働きたくないという女性が結婚したいと思うのは当然です。

 

働きたくないから、専業主婦なりたい!と考えることは特に悪いことではありません。
現在そういう女性が急増していますので、普通の感覚だと思ってよいでしょう。

 

ただ、専業主婦になるためにはどうしても結婚相手が必要ですし、自分が家庭に入るということなので収入は0になり、旦那が稼いでくれる給料のみに頼ることになります。

 

そうすると気になることは、

 

果たして、結婚する相手がきちんと稼いできてくれるのだろうか?
子育てをしたいと思っているけど大丈夫だろうか?

 

などでしょう。

 

特に子供が欲しい女性にとっては、
子供を産んでから育てていくうえでかかる養育費のことや老後のことを考えてしまうと思います。
(参考:子供の養育費についてはこちらのページをご覧ください。)

 

その為にはどの程度の収入がある男性がいいのでしょうか。

 

最近よく見かける旦那に求める年収は600万円というのが基本のようです。
これは、20代の年収350万円程度を二人で稼いだ場合に得られる給料を一人で稼いでもらった場合の金額の目安だと思われます。

 

この年収600万円は一体どういう職種・年齢の人が得られるものなのでしょうか。

 

年収600万円以上稼ぐ職業とは?

 

 

商社(大手)であれば、20代で確実に到達します。
生保・損保の場合には30代前半でほぼ到達します。
医者・弁護士・公認会計士・税理士などは年齢がさまざまですが、ストレートでその職種についている場合には30代前には到達しています。
メーカーはたいていが30代です。
公務員も30代以降になります。
(自衛隊や消防士などの若干体力勝負の公務員も人気がでてきています。)

 

逆に、600万円に到達しなそうな職種は
美容師や整骨院などで働いているスタッフや中小企業の平社員などでしょうか。また一般的なアルバイト・派遣社員なども同様です。
お客様商売の場合には、独立してお客さんをとれるようになり安定して集客が見込めないと相当つらいでしょう。

 

このことを考えると、働きたくないという女性には、職種から結婚相手を選ぶというのが一般的になるでしょう。
(職種から結婚相手を選ぶというと変な感覚がするかもしれませんが、すでに合コンパーティーも職種別で行われるため、いたって普通になってきています)

 

しかし、上記のような職種の男性を探そうとすると、なかなか周りにいないのが現状です。
また、自分自身の容姿と性格や家柄などが良くないと知り合いなどからのご紹介というのはあまり見込めません。

 

そういう場合にどうすればよいのかというと、結婚相談所や、合コンパーティーなどの利用です。

 

結婚相談所は値段が高いからと敬遠されがちになる場合もあるのですが、基本的にお金を出す必要がある場面で出し惜しみすることで後々損をするという場合もあります。

 

どういうことかというと、

 

例えば、結婚相談所に20万円払えば結婚して幸せになれたかもしれないチャンスをたかだか20万円をけちって自分で出会いを探すことで、時間を失い、年齢が高くなり、結婚相手を紹介してもらえない年齢になってしまうのです。

 

つまり、出会える機会が生み出せたはずなのに、出すべきお金を出さなかったばかりに結果大きな損をしてしまうということです。

 

お金を使って限りある時間を節約するという意味で結婚相談所はとても重要な投資のポイントです。

 

⇒おすすめの結婚相談所とパーティーはこちら