専業主婦になりたい

専業主婦になるための夫の収入について

専業主婦になることによって、女性側の収入が断たれるために、外から入ってくるお金は、旦那の稼ぎに依存しなくてはならなくなります。

 

共働きをすれば、期待できる収入も夫の頑張りにかかってきているわけですが、
一体いくらの金額があれば、専業主婦として毎日の生活を送れるのでしょうか。

 

 

専業主婦になるには夫の収入はいくらあればなれるでしょう。

 

これは、住む場所や子供の有無、賃貸か持家かなどさまざまな要因でかわってきますが、
最低限いくら必要か考えてみると、子供がなく、住む場所も地方で都心でないとすれば、

 

ひと月
家賃、住宅ローン8万
食費      3万
水道・光熱費  1.5万
生命保険    2万
携帯代     1万
雑費      1万
ガソリン代、車費 1万
交際費     0.5万
夫おこづかい  2万

 

おおまかですがだいたいこんな感じの生活をすると手取りが20万円ほどで十分生活できます。
(※これはあくまで地方の場合です)

 

手取りで20万だと給料の月額総額は25万円ほどになります。
1年間だと、25万×12カ月=300万円

 

年収300万円で大丈夫ですが、年間かかる車検代車の保険代、固定資産税などを考えれば、350万円ほど必要になると思います。

 

もちろんもっと倹約生活をおくれば、もっと少ない年収でも専業主婦は可能だと思います。
また持ち家で家のお金がかからないような人も少ない年収でも大丈夫でしょう。

 

逆に子供ができたり、住む場所ももう少し都心に住むことを考えるならばプラスの値段がかかりますので、350万円では厳しいでしょう。

 

子供の人数も増えれば増えるほどお金がかかってきます。

 

結婚適齢期である20代後半男性の平均年収は366万円、30代前半男性の平均年収は432万円だそうです。

 

20代30代男性との結婚も平均年収くらいの年収を得ている男性との結婚であれば、子供がいなければなんとか専業主婦でもやっていけそうですね。

 

さまざまな節約本も出ているので、参考にしてがんばってみるのもいいかもしれません。

 

ただ、子供がいる場合は、夫の収入だけだと厳しいのが現実のようです。子育てに必要な費用は一人約2400万円かかるそうです。(3000万円かかるとも言われています。)
(参照:子供の養育費

 

この金額を夫の収入だけで得るには、高額の年収をもらっている人にしか無理ですよね。
ですが、いくらお金がかかっても子供がほしい人の方が多いと思います。そうなると専業主婦をあきらめて外で働くしかないのが現状のようです。

 

収入などのマッチングなどが可能な結婚相談所・パーティーはこちら