内助の功

結婚には内助の功という考え方が必要?

内助の功とは、「家庭において、夫の外部での働きを支える妻の功績」という意味ですが、

今の世の中、男女平等が叫ばれる中で、女性の社会進出も進み女性が外で働く男性を支えるという考え方は、少し古いのではと思う人もいるのではないでしょうか。

 

ただ実際多くの男性が、内助の功とういう役割を果たしてくれる女性に魅力を感じているようです。
なぜ男性を引き立てなければいけないのって思う女性は、今の世の中多いと思います。

 

どちらかというと、女性も男性と対等の立場と考えるのが一般的になってきているのではないのでしょうか。

 

そんな中、自然と男性を引き立てることのできる女性は特別素敵にみられます。

 

ですから結婚したい女性には、内助の功という考え方は、必要になってくるのです。
この内助の功が果たせる素敵な女性との結婚を、男性は望むようです。

 

特に女性も社会進出してきて、この厳しい社会情勢の中、多くの男性は仕事上での自分の立場がきついと感じている事でしょう。
ですからパートナーに、自分の仕事を支えてくれて応援し、仕事がうまくいくように促してくれるような人であることを望むのです。

 

男女平等とはいいますが、男性、女性の立場を見極めれる女性に男性は魅力を感じ、そんな人と結婚したいと思うのですね。
ですから、結婚するのに内助の功という考え方がある女性の方が男性にはいいのでしょう。

 

自然に自分を立ててくれる女性は、人に紹介しても恥ずかしくないですし、むしろ自分のパートナーがこんな素晴らしい女性であることを自慢したなるのではないでしょうか。
そんな自慢したくなるような女性を男性は放っておかないですよね。

 

素敵な女性に見られるためにも、男性の立場を引き立て、目立ち過ぎず、自分の役割を考えれることが重要なようです。

 

今の女性には、男性を引き立てるのって難しく感じる人が多いのではないでしょうか。
だからこそ内助の功という役割が果たせる女性は貴重なのですね。
(参照:専業主婦も自宅で稼ぐ力が必要?