専業主婦 日常

専業主婦の日常生活について

専業主婦の日常ってどういうものなのか、これから結婚して専業主婦にあこがれる人には興味があるところだと思います。
いったいどんな毎日を送っているのでしょうか。
専業主婦の日常は、子供がいるかいないかによってかわってくるようです。

 

子供がいる場合

まず、子供のいる専業主婦の場合の場合はどうでしょう。

 

子供がい専業主婦の場合は、こどもが小さい為、子供に手がかかり外で働けない人が多いようです。
子供の年齢は0歳児から小学校中学年くらいまでは、手がかかるようで、この年齢の子供をもつ主婦の人は特に家で専業主婦として家事、育児に専念します。

 

日常の家事(掃除、炊事、洗濯、買い物)などをこなし、子供を保育園、幼稚園、学校に送り出し、夫を会社に送り出します。
子供が小学校に上がるまでは、育児も大変です。子供の食事の世話やトイレのお世話などもします。

 

また、保育園や幼稚園に通う子供がいる場合は、送り迎えをします。
他にも子供の習い事の送り迎えなどをする場合があります。

 

あとは、こどもが学校に通いだすと、専業主婦の方は学校での役員をまかせられることも多いようです。

子供がいない場合

では、子供がいない場合はどうでしょうか。

 

子供がいない専業主婦の場合は、夫を会社に送りだして、家事(掃除、炊事、洗濯、買い物)をしてしまえば、あとは自由な時間です。

 

ですから、趣味の時間に費やす専業主婦の方が多いそうです。
家事が終われば、他の時間は全くとっていいほど何もやることがないために、基本的には趣味に時間を費やしたり、家庭でできる仕事を行うのば一般的になっています。

 

また、暇な時間を埋めるために、お友達と遊びにでたり、アルバイトやパートなどを短時間される方も多いようです。

 

また、子供が生まれることを待ち望む専業主婦の方たちも多いようです。
(結婚して赤ちゃんを作るためにやめて妊娠を待つということです)
とてもゆとりのある生活がおくれるようですね。

 

他にも親の介護のために専業主婦をしているような人もいるようです。

そのほかのパターン

子供がいる場合でもいない場合でも、地域社会における専業主婦の役割は大きく、昼間のあいた時間に町内の役員をまかせられたり、地域ボランティアで活躍する専業主婦もいるようです。

 

子供がいる場合でも子供が成長するにつれて時間に余裕が出来てくるようです。
専業主婦も家事、育児の時間をやりくりすることにより、自分の時間をつくり日常生活を満喫しているようです。

 

次のページ:専業主婦の夫の収入

 

 

豆知識
子供がいる場合の主婦の方は、手がかかる0歳児から小学生の4年生くらいまで大半は家にいて家事や育児に精を出しているようです。

 

特に子供が小学校に入るまでは、とても手がかかり、幼稚園への送り出しや食事などの準備など大変忙しいために、
なかなか外でアルバイトやパートなどをすることは難しいようです。

 

こういう女性に人気なのが、在宅ワークで、自宅でできる仕事など注目されており、1か月に稼げる金額はあまり多くないが、
お小遣いの足しにしたり、日々の生活や育児、教育費などに充てる主婦が多いようです。

 

在宅でできる仕事はとても多くなってきておりますが、詐欺なども横行しているため、おかしな仕事は受けないようにした方が良いようです。
主婦をターゲットにした在宅ビジネスを装った詐欺商法も横行しているようです。