専業主婦なり方

結婚したい相手にプロポーズさせるためのアタック方法

自分が結婚を考えはじめたころに、
お付き合いしている相手に、自分との結婚を考えてもらいプロポーズの言葉をもらうにはどんな方法があるのでしょうか。

 

結婚したい気持ちをあまりにも出しすぎると男性は逃げ腰になりがちのようです。押しの強い女性は嫌がられるようですね。
ですからあまり、結婚したい気持ちを出しすぎず、控え目にアピールしましょう。

 

一つ目の方法は、彼に安らぎの空間を与えることです。


疲れている時にこんな安らげる空間があったら幸せだなっていう気持ちにさせる事が大事のようです。
よく結婚相手に求める要素に、安らげる人が良いっていうのがありますよね。

 

やっぱり一緒にいて安らげるという事は、結婚を考えるきっかけとして大事なんですね。確かに一生一緒にいる相手ですから、安らぎは大事ですよね。

 

ソファに座っているときに、そっと飲み物を差し出したりするなど、男性の体調や心情に合わせた気遣いができると、男性側はとてもうれしいようです。

 

ですから、結婚したいと思う相手にさりげなく安らげる空間をつくってあげて、こんな安らげる相手と結婚したいなって思わせることが、プロポーズにつながるかもしれませんね。

 

二つ目の方法は、定番ですが料理です。

 

「男の胃袋をつかめ」とはよくいいますが、やはり結婚するにあたり料理上手の女性はポイントが高いようです。
結婚してからご飯がおいしい家庭だと、早く家に帰ってご飯が食べたくなるし、食事がとても楽しみになります。
結婚したら奥さんの作った料理を毎日食べることになりますから、料理上手の奥さんの方が男の人はいいですよね。

 

ですから得意料理で結婚したい相手にアタックするのは、効果的ですね。
こんな料理上手の人に奥さんになってほしいと思われるかもしれません。

 

男性にこの人とだったら一生一緒にいたいと思われることが重要になってくるようです。
特に男性は、結婚相手に家庭的な女性を求めるようです。ですから家庭的な部分をアピールしてみる事がプロポーズしてもらうためには効果的かもしれません。