専業主婦 結婚相手

専業主婦になるための、結婚相手の職業・年齢は?

結婚するにあたり気になるのは相手の職業ですよね。

 

もちろん相性などの性格が合うのはもちろん大事ですが、それ以外にも結婚条件があるなら相手の職業は重要な選択ポイントになっていくでしょう。

 

なにしろこの不況ですから、できるだけ安定した高収入を得ている男性が結婚相手の方が女性も安心ですよね。

 

そんな中やはり人気の職業は安定しているということから公務員が人気のようです。

 

確かに今の時代どの企業でもリストラがあたりまえのようにされているなか、安心なのは公務員くらいですよね。

 

給与もボーナスも安定してもらえるこんないい職業はないですよね。
そんな地方公務員の平均給与は700万円だそうです。

 

あとは、安定していて、しかも高収入の医者・弁護士・司法書士・銀行員・商社などが結婚相手として人気が高いようです。
また、一流企業のサラリーマンも人気があります。

 

女性が専業主婦になっても不自由なく生活していける金額は、はっきりいくらくらいの年収があれば大丈夫とはいえません。

 

夫の収入だけでは決まらない家庭環境

 

それはその家庭の状況によりさまざまで、持家なのか賃貸なのかとか、子供の人数にも左右されるので各家庭それぞれです。

 

年収300万円でも十分に専業主婦としてやっている女性もいます。
ですから結婚相手の職業や年齢によって専業主婦になれるかどうかきまるものではないですが、

 

収入が多い相手なら、専業主婦になっても苦労なく生活していけますよね。

 

ちなみに、専業主婦になって悠々自適な生活をしたいという方もいると思いますが、1500万円を稼ぐ高収入の家庭でも生活はとても質素だったり、

 

逆に商社マンなど仕事柄奥さんも見栄を張る場合がある過程では貯金がな、くとても大変な生活を送っている場合もあります。
結局のところ、入ってくる収入が多いには越したことはないのですが、高収入だったからといって残るお金が少ない場合もあるため、幸せかというとそうではないということです。

 

相手に求める年収は600万円以上?

多くの女性が結婚相手に求めるのは年収600万円以上だそうです。
そのことを考えると一般サラリーマン男性の平均年収が600万円を越すのは40歳以上のようです。

 

専業主婦を望む女性に結婚相手として勧める職業は、医者、弁護士などの高収入の職業や一流企業のサラリーマン、公務員などです。
あとは、一般のサラリーマンでも40歳以上の男性ならば年収600万ほど期待でき、専業主婦になってもやりくりすることで生活していけるのではないでしょうか。
なかなか20代30代のサラリーマン男性では、女性の満足いく年収を得るのは難しいようです。

 

年収が30代で1000万近くまで到達しやすい職業

年収が30代で1000万近くまで到達しやすい職業は
サラリーマンで言えば、

 

  • 生保・損保(大手数社)
  • 商社(大手)
  • 銀行(メガバンク)
  • 投資系銀行
  • 戦略コンサル系(外資)
  • マスコミ(テレビ局・新聞)

 

などでしょうか
上記が基本的には安定している印象です。

 

あとは、中小企業の営業などで営業成績が良くて1000万円を超えるパターンもあるようです。
安定性があるかは何ともいえませんが。

 

他のパターンについて

国家公務員で言えば国Tのキャリア官僚などで、将来的に天下る人なども対象にはいると思いますが、
天下りが決まると転職・退職金などで数億入るパターンもあるようで、なかなか良い生活はおくれるでしょう。
ただ、出会ったり、結婚相手として認められるのにはかなり苦労しそうですね。

 

自営業(個人事業主)などで小規模経営をやっている商店などは女性からみても若干敬遠される傾向があるようです。
それは小さな企業などはその経営者の力量や仕事量などで売り上げや収入が決まってくるため、
お得意先や長い付き合いの取引先などがある事業でないと将来的な面でみても危ういでしょう。
仮に倒産や事業をたたんだときに再就職というのはとても難しいのが現状です。
サラリーマンからサラリーマンの転職は可能ですが、自営業からサラリーマンというのは企業側からしても嫌われる傾向にあります。こういうところを理解することは必須でしょう。

 

そのほかには、経営者もよいかもしれませんが、安定性という点から考えると不安を感じる女性も多いようです。
中小企業のようにオーナー経営者でなければ、倒産しようが雇われ社長と同じなので問題はないのですが、
オーナーで借金などがあり担保もある場合などは最悪の場合には、財産をすべて持っていかれる場合があり一家離散や離婚という結末もありえます。逆に業績が好調であれば大金を得ることができ社長婦人して生活できるかもしれません。

 

ただ、やはり安定性を重視するのなら公務員がよいかもしれません。

 

公務員と結婚するためには

 

公務員と結婚をするためにはどうすればよいのでしょうか?

 

公務員は、公務員同士の結婚が多いようです。例えば、市役所や県庁などがその際たる例のようです。

 

では、公務員と結婚したいと思うと、どういうジャンルのお仕事になるのでしょうか。

 

それは、警察官や自衛隊員のようなジャンルです。

 

こういうジャンルのお仕事の人は、一般的に出会う機会というのはほとんどないと思います。

 

こういう方が結婚相手を探すときは、どうように、出会いがないために、結婚相談所に登録するケースが多いようです。

 

ですので、結婚相談所や合コンパーティーなどでは、職種限定パーティーなどが開かれることが多いです。
一度、参加してみるとよいかもしれませんね。

 

⇒おすすめの結婚相談所とパーティーはこちら