20代と30代 扱いの違い

結婚市場における20代と30代の扱いの違いについて

結婚の適齢期は、女性は20代後半から30代前半といいますが、20代の女性と30代の女性では、男の人からの見られ方が違ってくるようです。

 

今は女性の社会進出により仕事にやりがいを感じ、楽しくて、20代では結婚をせず、30代まできてしまったというような女性も多いと思いますが、

 

30代になるとなぜ男性の扱いが変わってきてしまうのでしょう。

 

一番の理由は、出産に対する考え方からです。

 

やはり女性は、出産のリスクが年齢が高くなるにつれて上がってきてしまいます。

 

男性は出産するわけではないので結婚年齢を意識しなくてもいいですが、女性は子供を生むことを考えると、なんとなく30歳前には結婚したいなって考える人が多いようです。

 

男性側も自分の子孫を残したいのは一緒ですから、できれば高齢の奥さんをもらってリスクをかかえる出産はさけたいですよね。
高齢出産は35歳からですが、子供を2人3人と考える人は20代の女性のほうが30代女性より安心して多くの子供を望めます。

 

ですから、男性は若い女性との結婚を望む人が多いようです。
今は医学の発達で高齢出産も安心して臨めるようになってきましたが、それでもやはり若い女性の方が出産に対しては安心感があるようですね。

 

後は、20代と30代の女性の違いは、性格的なものですが、30代の女性には見栄やプライドの高い女性が増えてきます。

 

30代にもなると、20代にさまざまな経験をしたことから、30代では人生に失敗したくないなどと慎重になってしまいます。

 

ですから妥協というものができず、自分の理想の結婚というものを追い求める人が30代女性には増えてくるのではないでしょうか。

 

20代のうちは、若さから失敗もおそれず勢いもありますから、結婚にもそれなりのいきおいがあるのが20代女性かもしれません。
どちらが良いとはいいませんが、なんか30代女性になると扱いにくさを感じる男性も多くなってくるようです。

 

以上のように20代と30代の女性では、結婚の難しさも変わってくるようですね。
仕事のタイミングと結婚のタイミングはとても難しい問題ですが、どちらもうまくいくタイミングを逃さずどちらもうまくいくのが一番良いですね。