専業主婦

専業主婦とはどういう人を言うのか?

よく結婚したら、専業主婦になりたいという女性の話を耳にしますが、、専業主婦とはどういう人のことをいうのでしょうか。

 

その定義は、賃金を得るような労働はしてなく、家で家事、育児をする主婦のことです。
つまり無職であって、家で家事をする人のことです。ですが、今は家事はお手伝いさんに頼むことができますし、育児もベビーシッターにたよることができます。

 

しかしこのように、人に家事、育児をまかせても、専業主婦といいます。
このことから専業主婦は経済的に夫に支えてもらっている存在の人のこともふくまれると考えられます。

 

専業主婦は自分の収入をもたないため、パートナーである夫の収入が妻子が養える十分な給与がもらえるようになってから専業主婦という存在ができました。
実は夫の給与だけで、妻子が養えるようになったのは、つい最近になってからのようです。
少し前までは、妻も重要な労働者でした。農業や製造業に携わって生産活動をしていたそうです。ですからきっとこの時代の人たちは、専業主婦に憧れたことでしょう。

 

少し時が経ち、日本も高度成長期を機に企業も成長し大きくなったことから、夫が外に出て長時間労働するようになり、安定した給与が得られるようになってから、
専業主婦が誕生したのです。
夫は、家事、育児を妻にまかせて働き、妻は家で家事に従事するという形が生まれたわけです。
つまり、「夫は外、妻は内」とういうように男女の役割分業されたわけです。

 

専業主婦は、夫の給与に生活水準が左右される存在です。

 

ですから、夫の給与が安定しているときは、なんの心配もなかったのですが、
今の現代は大不況で、企業の成長も低迷し夫の給与も減額され、リストラも簡単にされてしまうような世の中になってしまい、
安定していた収入も見込めなくなってきました。

 

このため、専業主婦であり続ける事が難しくなってきたのです。
今の時代夫の給与だけで生活していける専業主婦というのは、ぜいたくな身分なんですね。

 

最近では、専業主婦だけでなく専業主夫と呼ばれる人もいます。

 

この場合は、妻が外で働き、夫が内で家事、育児をします。
女性の社会進出で、地位を得て高い給与をもらう事ができるようになった現代だからこそ専業主夫も誕生したのでしょうね。

 

次のページ:専業主婦の夫の収入

 

 


専業主婦(せんぎょうしゅふ)とは、外に働きにでたりせずに、自宅において、家事(炊事、洗濯、掃除、買物、家計管理)や育児に専念・専業する女性のことをいいます。

 

基本的に、外に出て働いていない為に、専業主婦=NON賃金労働者=無職 という分類に該当されるというのが一般的な考え方のようです。

 

しかし、専業主婦の中には、育児休暇中の女性や定年後の年金受給者も専業主婦としてみなされるため、
意味合いとしては、外で働くことを主とせずに、家において家事や育児に専念している女性という見方が考え方としてはしっくりくるのではないでしょうか。

 

専業主婦は、家庭において夫の帰りを待ち、家事・育児を行うため、外で仕事をしているブランクが発生します。

 

仕事を頑張りたいという女性や、育児が空けたら再就職したいという女性にとっては、専業主婦の期間はブランク期間のために、資格取得や能力アップのための期間も兼ねたものとなるようです。

 

また、家庭にいる際に家の中で働きたいという方も多いようで、在宅ワークなども人気となっています。

 

1日1時間〜2時間程度を自宅で働ける仕事が人気となっており、お小遣い稼ぎとして家庭の支えにもなっているようです。